父親はヴァイオリニストで指揮者のヤン・オンジーチェクである。
プラハ音楽院に学び、その後はヘンリク・ヴィエニャフスキの支援を得てパリ音楽院に2年間留学し、首席となった。
ドヴォルジャークの《ヴァイオリン協奏曲 イ短調》作品53が1883年10月14日にプラハで初演された際に独奏者を受け持ち、同年12月2日のウィーン初演でもヴァイオリン独奏を担当した。1880年代後半にウィーンに定住して教鞭を執った。1909年にはヴァイオリン奏法に関する専門技術的な論文を発表している。
第1次世界大戦後にプラハに戻り、プラハ音楽院でヴァイオリンのマスタークラスを主宰した。

古代ギリシアでは、劇場は丘などの斜面を削って建造された。野外劇場だが、演者や合唱隊の声がよく届くよう音響効果の優れた構造が取られている。
劇場全体はすり鉢状になっており、底の部分に俳優が演じる舞台と、合唱隊用の平土間があった。
客席は、すり鉢の斜面部分に、舞台を半円形に囲うように作られた。
収容人数は最大規模のもので2万人程度と言われている。
現代の劇場でも、古代ギリシアの劇場の様式を模したり、なんらかの形でそのコンセプトを取り入れているところは少なくない。
日本では、彩の国さいたま芸術劇場の小ホールや新宿コマ劇場などがある。

カラーライン

カテゴリー 未分類

カラーラインを最初に用いたのは、ボクシング初代世界ヘビー級王者のジョン・L・サリバンだった。
サリバンは、西インド諸島出身の黒人ボクサーだったピーター・ジャクソンの実力を恐れ、対戦を拒否するためにカラーラインを使った。
第4代世界ヘビー級王者のジェームス・J・ジェフリーズは、王座在任中はカラーラインを用いて黒人との対戦を拒否した。
第7代世界ヘビー級王者で、黒人であるジャック・ジョンソンがマン法で逮捕され、パリに逃亡すると、1913年1月1日にアメリカのプロモーターは勝手に新たに世界ヘビー級タイトルマッチを行い、白人同士で世界王者決定戦をやらせた。
もちろん、この世界戦は正規の世界戦として認められておらず、現在は、この試合で勝ったルーサー・マカーティは王者として認められていない。
こうして妙な世界ヘビー級王者になったルーサー・マカーティはカラーラインを宣言し、黒人との試合を拒んだ。
なお、マカーティは世界王座防衛戦直前に落馬し、首の骨を折って試合中に倒れた。そしてその直後に急逝した。
こうした出来事の原因には、強さの象徴である世界王座をどうしても白人の手に戻したかった背景があった。

カリガリ博士

カテゴリー 未分類

本作は、精神に異常をきたした医者・カリガリ博士と、その忠実な僕である夢遊病患者・チェザーレ、およびその二人が引き起こした、ドイツ山間部の架空の村での連続殺人についての物語である。
本作は、登場人物の一人であるフランシスの回想を軸にストーリーが展開する。
初期の映画では直線的なストーリー進行が大半を占めたが、本作品は、その中でも複雑な話法が採用された一例でもある。
冒頭では、二人の男が会話を交わしている様子と、その横を茫然自失のようであてどもなく歩く、美しく若い女性が描かれる。
若い方の男は、その女性が自分のフィアンセであること、そして二人が体験した、世にも奇妙な体験の回想を連れの男に語り始め、これより回想シーンが続く。

当時オーストリア帝国の一部だったペストにて、貧しいユダヤ人の家庭に生まれる。
父ガブリエル・ズュートフェルトはプロイセンでラビをしていたが、ブダペストで塾講師を営む傍ら、ヘブライ語で詩を書いていた。
家庭の信仰は敬虔な正統派ユダヤ教であり、ジーモンはユダヤ人小学校からカトリックの中学校を経て医学部を卒業した。
学業の傍ら、1863年から文学活動を開始し、同年に詩や随筆や小説を出版している。
ブダペストの小新聞社で記者生活を送った後、1873年にベルリンへ移住し、ノルダウと改名した。
まもなく『新自由新聞』の通信員としてパリに移り、それ以後は生涯の大半をパリで過ごした。

しかし、ジェム政権が強圧な支配を強めるにつれ国民の反感は強まった。
軍内部にもズオン・バン・ミンを中心に反ジェム派が結集し、CIAの諜報部員と接蝕しクーデター計画を練り上げていく。
1963年11月1日、アメリカ黙認の下でクーデターを起こし、翌日ゴ・ディン・ジェム大統領とそんの実弟ゴ・ディン・ヌー顧問を殺害する。
これによって政府の実権を握った。
ズオン・バン・ミンの軍事政権はアメリカ政府に歓迎されたものの、ベトコンとの戦闘には注力しなかったことから、軍内部の離反を招くこととなる。
1964年1月30日、グエン・カーン将軍がクーデターを起こし、ズオン・バン・ミンは隣国のタイ王国へと追放されたが、その後カーン将軍の指示のもと南ベトナムへ戻り2月8日に大統領の座に復帰する。

1792年、社交界の花形でホイッグ党の有力支持者であった第5代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュの妻ジョージアナの愛人となった。
チャールズ・グレイと呼ばれたが、1801年に父サー・チャールズ・グレイが男爵に叙され貴族の一員となる。
1806年に父が初代グレイ伯爵へと昇叙されたことによって、彼もホーウィック子爵の儀礼称号を帯びた。
翌1807年、父の死により爵位を襲い、第2代グレイ伯爵となる。
初期は、小ピット内閣を批判して名をあげる。
1806年に海軍大臣、外務大臣に就任。
1830年、選挙でトーリー党を破り、ウェリントン内閣を崩壊させる。

ブダペストに生まれ、ブダペストとフライブルクで学び、1914年にベルリンでゲオルク・ジンメルの教えを受けた。
その後さらにパリとハイデルベルクでも学び、1918年に博士号を得た。翌1919年にドイツに移住し、1922年から1925年までアルフレート・ヴェーバーのもとで働いた後、1926年にハイデルベルクで私講師に、1929年にフランクフルト大学社会学科正教授に就任。
1933年にアドルフ・ヒトラーが政権をとったためイギリスに亡命し、ロンドン大学講師を経て、1946年にロンドン大学教育学部の主任教授となる。
1947年にロンドンで没。
彼は、どんな思想もその立場や時間に拘束されているという思想の存在被拘束性を指摘し、知識社会学を構想した。
思想の存在被拘束性を乗り越え真理に近づくためには、全体的視野から相関や歴史を見ようと立場を自由に浮動する知識人になるべきだとした。

タッカー

カテゴリー 未分類

タッカー車は51台しか完成していないのだが、映画撮影当時で47台もが現存しており、愛好会の全面協力により現存している実車のほとんどが動員されてスクリーンに登場している。
刑事裁判で詐欺事件の被告人となったタッカーが最終弁論で陪審員席に向かって、自らの信じるアメリカの自由・正義・未来を訴え「もし大企業が斬新な発想を持った個人を潰したなら、進歩の道を閉ざしたばかりか自由という理念を破壊することになる! こういう理不尽を許せば、いつか我々は世界のナンバーワンから落ち、敗戦国から工業製品を買うことになる」という演説と、それを本気にせず笑う聴衆、という場面が印象的に描かれている。

学校を出ると、2人の兄と共に実家の靴屋を手伝うようになり、そこで縫い方を習った。
3年間の徴兵を経て、父によりロンドンに行かされ、一家の友人のもとで事務員として働く。
ロンドン滞在中にエジプシャン・ホールでジョン・ネヴィル・マスケリンのイリュージョンを目にし、ステージ・マジックに熱中するようになった。
1885年、エコール・デ・ボザールで絵画学びたいという新たな希望を抱いてパリに戻った。
しかし芸術家になるなら資金援助しないと父が言い張ったため、実家の工房の機械を監督することで妥協した。
同年、兄の義理の妹との結婚話が持ち上がったが、それを拒否してウジェニー・ジェナンと結婚した。
彼女は一家の友人の娘で、かなりの持参金を持たされていた。
その後2人の子、ジョルジェットとアンドレをもうけた。

http://www.salisburycityforum.co.uk/