一部銀行、Win10アップグレード「控えて」

7月29日に「Windows10」への無償アップグレードが始まったが、あおぞら銀行などネットバンキングが利用できる一部銀行は、アップグレードを控えるようユーザーに呼びかけている。Windows10環境での動作確認が済んでいないためだ。
あおぞら銀行がWindows10を利用環境に追加するのは9月になる見通しで、それまではアップグレードを行わないよう呼びかけているという。
銀魔銀行や北海道銀行、清水銀行など多くの地方銀行も動作確認が完了するまでWindows10端末での利用を控えるようアナウンスしている。愛知銀行はwindows10へのアップグレードを行った場合、各種サービスにログインできなくなる可能性があるとしている。
ネット専業のジャパンネット銀行やソニー銀行は、Windows10は「推奨環境ではない」とし、一部機能が使えない可能性があると告知。住信SBIネット銀行は「プレビュー版で動作確認しているが、一部で正しく動作しない機能がある」とし、「Internet Explorer 11」で利用するかアップグレードを控えるよう呼びかけている。
今回の無償アップグレードは自動更新されてしまうので、自分が利用している銀行などのアナウンスを見て注意しないといけない。