朝食を食べるか食べないか

京都市が2015年度に実施した食育に関する市民の意識調査で、「朝食をほとんど毎日食べる」と答えた20代男性が46.1%にとどまり、5年前より14.5ポイント減少したと分かった。進学就労などで1人暮らしをはじめ、朝食を作ってくれる人がいなくなったことなどが原因とみられるという。市は、若者を対象に食への関心を高める取り組みを強化する方針に出た。
この調査は、住民基本台帳をもとにして、無作為に選ばれた15歳以上の男女5千人を対象とし、回答を得られたのは2610人だった。
その結果、朝食を食べる頻度は、「ほとんど毎日」と男性全体の75.0%が答えたのに対し、20代男性は46.1%となった。また、「ほとんど食べない」と男性全体の13.3%が答えたのに対し、20代男性は28.4%となったという。
市は本年度に中に策定する16~20年度の食育推進プランで、20代男性の男性の朝食をほぼ毎日食べる割合を70%までに引き上げたいと目標を掲げた。今後は大学での食育イベントの拡大や、事業所の食堂に健康にいいメニューの提供を呼びかけるなどして食への関心を高めて朝食を食べる若者を増やす考えだという。
最近は、朝食を食べる暇があるなら少しでも長く寝ていたいという考えの若者が多い。簡単にすむメニューの提案をするのはどうだろうか。