96歳の大学生、卒業へ

京都造形芸術大で陶芸コースを受講していた96歳の平田繁實さんが、卒業した。平田さんは卒業式に臨み、「思い出深い学生生活になった」と話した。大学は世界最高齢の大学卒業生として、ギネスの申請をするという。
平田さんは旧労働福祉事業団を定年退職し通い始めた陶芸教室で、同大学に通った仲間に出会い85歳で入学した。
陶芸コースは通信教育で学位取得に11年かかったという。子2人、孫5人、ひ孫4人がおり、「大学院に進んだ孫とどちらが先に卒業するか」を競った。しかし「ちょっと遊んでしまった」と80代の卒業を断念。2015年度に陶芸史と著作権研究を行い、卒業要件の単位を満たした。
卒業式では、尾池和夫学長から「大学院に進学し、世界記録を更新して」と学生継続を求められるも、「もう多くの月謝を払ってきたので」と、笑顔で卒業の意志を示した。平田さんはこれから、自宅の工房で作陶し、陶芸教室を開くという。
何歳になっても好きなことに陶酔して向上心と学ぶ意志を持てるのは素晴らしいことだと思う。こんな風に年齢を重ねたいものだ。