水族館のタコが脱走

ニュージーランドの水族館で飼育されていたタコが、自力で水槽から脱出して海へ戻ってしまう出来事があったそうだ。
姿を消したのはオスのタコの「インキー」。水槽上部の隙間をくぐって外へ這い出し、床を伝って海水の流れる配管を通り、ホーク湾に脱出して自由の身となったという。
ニュージーランド国立水族館ロブ・ヤレル館長は「タコはとても頭が良く好奇心旺盛で、限界に挑戦したがる」と解説する。特にインキーは「とても人懐こくて頭が良かったので、水槽上部の弱点を見つけたのは明らか」だという。
インキーはニュージーランドに生息するマダコで、地元の漁師が捕獲して水族館に寄贈していたそうだ。「水族館にいる間に多くを学んだのだろう。まさに好奇心旺盛なタコで、私たちが思っていたよりやや賢かった」とヤレル館長は話す。
今頃は自然に戻って海中を散歩していると思われ、水族館も大掛かりな捜索は行わない方針だという。
タコは体が柔らかく、口の先さえ通り抜けられれば非常に狭い隙間でもくぐることができるそうだ。水槽を出たインキーは床を2メートルほど這って排水口にたどり着き、そこから脱出していたという。おそらく排水管の水の音を聞きつけて「脱走計画」を思いついたのだろうと館長は話しているという。
やはり自然の海の方がよかったのだろうか。