バグダッドで爆発テロ

イラクの首都バグダッドで3日、爆発テロが2件ありました。
このうち1件について、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出したとのことです。
バグダッド中心部の商業地区で3日未明、爆弾を積んだ車が爆発し、少なくとも131人が死亡、約200人がケガをしました。
イスラム教の断食月「ラマダン」期間中で、現場は夜遅くまで多くの買い物客らでにぎわっていたとみられます。
この爆発について、「イスラム国」はイスラム教シーア派を狙ったとする犯行声明を出しました。
また同じ日、バグダッド東部の市場でも爆発があり、5人が亡くなりました。
「イスラム国」は、ラマダン期間中に各地でテロを起こすよう呼びかけていて、トルコやバングラデシュなどで、テロ事件が相次いでいます。
大勢の人が賑わう場所での爆発テロ…
とても怖いニュースですね。
平和が一番だと心から思います。