ジョルジュ・メリエス

学校を出ると、2人の兄と共に実家の靴屋を手伝うようになり、そこで縫い方を習った。
3年間の徴兵を経て、父によりロンドンに行かされ、一家の友人のもとで事務員として働く。
ロンドン滞在中にエジプシャン・ホールでジョン・ネヴィル・マスケリンのイリュージョンを目にし、ステージ・マジックに熱中するようになった。
1885年、エコール・デ・ボザールで絵画学びたいという新たな希望を抱いてパリに戻った。
しかし芸術家になるなら資金援助しないと父が言い張ったため、実家の工房の機械を監督することで妥協した。
同年、兄の義理の妹との結婚話が持ち上がったが、それを拒否してウジェニー・ジェナンと結婚した。
彼女は一家の友人の娘で、かなりの持参金を持たされていた。
その後2人の子、ジョルジェットとアンドレをもうけた。

http://www.salisburycityforum.co.uk/